4.

 書店を含め用事を済ませ、御剣は所期の目的地に成歩堂を案内した。
「ここは……コンサートホール?」
「私がひいきにしている所だ。今日のバイオリニストは、キミでも興味を持てると思う。
クラシックは有名な曲が選ばれているし、バラエティ曲も豊富だからな」
 御剣としては最大限のリサーチによる最適解だった。
 もっとも、これほど難儀して調べても、その辛さは成歩堂に伝わるまい。今まで何度、厳選したレコードを
聴かせても、虚しい結果しか出ていないのだ。まして疲れているなら尚更だろう。
 賭けてもいい。この男は開始5分で沈没する。せめて、いびきなど立ててくれない事を祈るばかりだ。
 御剣は、隣の席の成歩堂を見やりつつ、吐息をついた。
 しかし。御剣は結局、予想が大きく外れた事を思い知った。
 成歩堂は眠るどころか、カンペキな態度で鑑賞に臨んでいた。壇上の調べに、ゆったりと聞き入る様は、
堂に入っていた。逆に御剣の方が、意外すぎる展開に畏縮してしまったほどだ。
 演奏を聴き終え、観客が散り始めた場内で、成歩堂は感嘆交じりにつぶやいた。
「いいね……いつの世も。音楽という物は。文化の極みだ」
「そうだな。キミがそれほどまでに感動してくれたなら、私も鼻が高いが」
 どうにも気になる。
「成歩堂。キミは徹夜明けではなかったのか?」
「?」
「だから、てっきり熟睡するだろうと、私は危惧していたのだ。
 それがフタを開けてみれば、まさか立って拍手までするとは、どういう心境の変化を」
「あ、ああ……、そうだったか?」
 しきりと顔の前に手をやりながら、うろたえる成歩堂。
「ええと、何かさ。素晴らしい物を聴かせていただいたら、疲れも吹き飛んでしまったというか。
あの、演奏している人、もうお年なのに迫力があって、その、凄いなあと」
「確かにあの方はベテランだが、年寄り扱いするのは失礼だぞ。
あのように毎回、新たな挑戦をなさっているのだ」
「うん、そうだね。まだまだご健在でいてくれないと」
 言って成歩堂は、満足げに笑う。
 その素直な笑顔にほだされ、御剣は矛先を下ろした。
 せっかく善い経験を得たのに、無闇に荒立てるのも野暮だ。
「まあ、何にせよ。今日はある種の記念日だな。
 キミが芸術を評価できるようになったという意味で」
 御剣は、会場出口付近の窓口へ足を向けた。成歩堂も行列に続いた。列の先頭となるテーブルには、
物販の品が多く並んでいた。各種のダイレクトメールを申し込む、記帳の用紙も見て取れた。
 御剣がCDの1枚を選んだ時、成歩堂が横から覗きこんできた。
「それ、買うのか?」
「今日演奏された曲が入っているからな。その方がキミも理解しやすかろう。
いい機会だから、キミも何か買いたまえ」
「いや、止めておく。ぼくはこういうの、あんまり分からないから。御剣が買ったので充分だよ」
 私から借りるのが前提か。
 御剣は、会計を済ませつつ苦笑した。
 もう一度、物販を見渡してから、気づいて尋ねた。
「しかし成歩堂、本当に何も買わんのか? 例えばあの」
 言おうとした台詞は途中で切れた。
 レシートを受け取り損ね、床に落としたのだ。
 いけないと思ったその直後、成歩堂がひざまずいた。
 成歩堂は用紙を素早くつまみ、御剣の手に押しつけた。
「ほら、これでいいだろ。よく見ろよ」
 成歩堂はくるりと背を向け、行列から離れて行った。 
「……………………ああ」
 御剣の視線は、成歩堂の後ろ姿を捕らえて離さなかった。
 まるで、標的を射抜く矢のように。




next

二次創作作品群へ戻る

inserted by FC2 system